Your browser version is outdated. We recommend that you update your browser to the latest version.

持続可能性について:序章

 

ブライアン R.シンクレア博士

 

現代世界は、経済の崩壊 や、貧困の拡大をもたらす気候変動や、利害衝突の深刻化や、急速なグローバリゼーションなどの挑戦を受けて、複雑化し混乱している。これらの強い挑戦に よって、重大な責務と注目すべき機会が到来している。ビジネスや組織や個人は、制御するため、生き延びるため、そして繁栄するために、これらの現代的な状 況と条件を理解することが必要である。我々の数多くの問題は一夜にして生じたのではない。過剰消費の数十年間を通じて生まれてきたものである。しかし、今 や我々の社会の相互関係や因果関係、行動のシステムについての認識は増大している。『持続可能性』という言葉は広く使われるようになり、我々は現在のみな らず、将来の世代の幸福をより純粋に考えなければならないという緊急の責務が浮き彫りになってきている。我々が今決定する事柄は、短期と長期のインパクト を持つ。我々の後の世代のことを考えるとき、我々は公平でなければならず、思慮深くあらねばならず、ゆるぎない倫理観を持たなければならない。

 

持 続可能性のもっとも簡潔な定義は、我々の方法で生活するということである。言い換えれば、持続可能性とは、我々の資源が有効に活用され、我々の環境が大切 にされ、人々が必要とするものが公平に適切に与えられることであると理解することができる。我々が持続可能性について語るとき、それは相互に関係し合う次 の3つの要素から成り立っていると見ることができる。環境と経済と社会的公平である。これらの3つの要素は、三本足の腰掛のように見える。全てが安定性の ために不可欠であり、固有の機能を持っている。これらの3要素は、『トリプルボトムライン』として知られており、我々を利己主義や、自己中心主義から解き 放ち、より公正な、責任のある安定的な世界へ導く。持続可能性は、社会的、物理的、金銭的、文化的なものに注意を喚起し、世界中のすべての国、すべての 人々が問題を共有し、共同して解決策を見出すように仕向ける。

 

強調したいのは、解決策は大小さまざまであっても、大きい努 力も小さな努力も全て重要であるということである。持続可能性に向けての歩みは、個人においては、家庭におけるエネルギーの節約等、企業や政府において は、環境にやさしい製品、手続き、政策を保証してゆくこと等で実行されなければならない。どのような選択が、我々の生活様式において改善の成果を上げられ るのかという疑問は大事である。教育こそが一層持続可能な社会を作るうえで基本的な要素である。公的な教育、専門的な教育、継続的な教育、これら全ての教 育は、カリキュラム(履修課程)を必要とし、我々が、地方や地域や国家や国際的なレベルで責任ある存在であることを教える必要がある。環境の悪化、経済に おける機能障害、社会的な重要事の原因について我々がより深く理解すればするほど、我々はより速やかに持続可能性の機能を高めるために必要なことをより効 果的に行うことができる。

 

我々は、環境にやさしく、平和で、より良い世界を作り上げることを求められている。我々の国々、 都市や社会が直面している厳しい危機を考えた場合、我々の前にある課題は、疑いも無く困難で、しかも膨大である。これらの我々に挑戦してくる『ツナミ』に 対して、我々は精力的でなければならず、集中していなくてはならず、肯定的な相違を生み出すことができなければならない。我々はより賢明に動かなければな らない。我々はより激しく動かなければならない。我々は共同して動かなければならない。諺にいわく、千里の道も一歩から。今こそその一歩を踏み出す時であ る。

 

 

来月、シンクレア博士は、我々の複雑化して混乱した時代に接近するための革新的なモデル、より良い、より持続可能な世界の実現のためのモデルを示してくれる予定である。

 

Sustainability Matters: An Introduction

Our modern world is complex and turbulent with a wide range of challenges from the economic meltdown and climate change to widening poverty, deepening conflict and rapid globalization. With such intensity of challenges come serious obligations and remarkable opportunities. Businesses, organizations and individuals all need to understand these contemporary circumstances and conditions in order to manage, survive and even thrive. It is important to know that many of our problems have come not overnight, but rather through decades and centuries of over-consumption, insensitivity and above all ignorance of the forces at play. Today, however, awareness is growing about the inter-relationships, causes and effects, and systems in action in our societies. The term ‘sustainability’ has become widely used and highlights the urgent responsibilities we have not only to take care of the present but more importantly to genuinely consider the well-being of future generations. Decisions we make now have both immediate and long-term impacts. In considering the generations that will follow us it is imperative that we act fairly, thoughtfully and with unswerving ethics.

 

Sustainability in its simple definition means living within our means. In other words, it can be understood as taking care that our resources are well used, our environment is truly respected, and people’s needs are fairly considered and duly honored. When we speak about sustainability it can be seen as comprising three main inter-connected features: Environment; Economy; and Equity. These three components should be viewed as a three-legged stool – all are essential to stability and proper function. Attention to these three components, known commonly as the Triple Bottom Line (TBL), moves us from a more selfish and self centered existence to a more just, responsible and sustainable world. Sustainability, arising through the successful and systems-oriented attention to social, physical, financial and cultural matters, is being aggressively pursued around the world with the understanding that all countries and all people together share the problems and together must find the solutions.

 

It is important to emphasize that while solutions vary in size and significance, all efforts big and small are important. Steps to greater sustainability must be taken by individuals, such as reducing energy consumption at home, as well as by companies and governments, such as ensuring greener products, processes and policies. It is critical to question how choices made at any level might result in improvements in our way of life and quality of living. Education is a fundamental part of our push for a more sustainable society. Public education, professional education and continuing education all need to include curriculum and content that teaches us about being more responsive and responsible at local, regional, national and international levels. The more we understand about the causes of environmental degradation, economic dysfunction and social concerns, the sooner we can effect changes needed to enhance sustainability.

 

We desperately need to push hard for a greener, safer and better world. There is no doubt the tasks before us are difficult and many, especially considering the severe crises confronting our countries, cities and societies. Yet, despite this tsunami of tough challenges we must be highly dedicated, very focused and able to make a positive difference. We must work smarter. We must work harder. And we must work together. It is said that a journey of a thousand kilometers begins with a single step. Now is the time to take your step.